片側だけひどい肩こりになるには理由があった

公開日: : 肩こり改善のお役たち情報

基本的には両方の肩がこる。

一般的に肩こりは両方同時に起こります。

しかし、片側の肩のコリだけを訴える人もいます。

この肩こりは、肩がこっていると脳が錯覚しているだけで、本当はコリを感じる側の筋肉の疲労が原因なのです。

脳と筋肉の関係。

例えば、デスクワークで1日中パソコンを使っている人は、キーボードを打つ指やマウスをクリックする指の筋肉が疲労しています。

また、キーボードで文字を打つ時は腕を机から上げているので、腕の筋肉も使います。

まず腕の肘から下側の真ん中辺りまでは指の腱、その上から肘までが筋肉です。

指の疲労は、腕の腱の疲労となり、その上の筋肉の疲労に繋がります。

さらに腕を持ち上げることで、肘から上の上腕から肩にかけての筋肉を使い、筋肉は疲労していきます。

このように腕の筋肉の疲労は、筋肉を固くし、痛みの物質の乳酸が分泌されます。

そして筋肉の周辺を通っている末梢神経が硬くなった筋肉に圧迫されたり、乳酸等に刺激されたりして、その末梢神経が脳に痛みを伝えてしまいます。

但し、脳まで遠いので、その場所を脳が勘違いして「肩が痛い」と錯覚してしまうのです。

これらは脳の勘違いなので、肩をいくらマッサージしてコリを解そうとしても、肩の痛みは改善しません。

肩こりではなくほかの病気が原因?

片方の肩の痛みは、どういうときにそのような痛みが生じるかを考えて、その時どこの筋肉を遣っているのかを探りましょう。

そうして本当に凝っている筋肉を解してあげれば片方のひどい肩こりは改善できます。

また、同じ原理で、内臓の病気が隠れている場合もあります。

右肩は胆のうや肝臓、左肩は心臓関係の病気が隠れている場合もあります。

筋肉疲労を直しても片方の肩こりが治らない時は病気を疑ってみましょう。

関連記事

no image

ランニング中に肩こりが起こるのはなぜ?

肩こり解消にランニングは逆効果? 肩こりを解すには血行を良くして筋肉を解すために、有酸素運動が効果

記事を読む

no image

肩井というツボが肩こりに効く

「肩井(けんせい)」のツボをご紹介します。 肩こりにとっても効果のあるツボ「肩井(けんせい)」をご

記事を読む

no image

慢性の肩こりの緩和はパソコンに向かう姿勢や角度がカギだった

パソコンに向かう姿勢を見直そう。 通常パソコンに1日中向かっている人は、多くの場合、猫背状態で、腕

記事を読む

no image

立ち仕事からくる肩こり!改善ストレッチ法

日常の筋肉疲労。 立ち仕事の人の肩こりの原因は、姿勢の傾き、手仕事による指先の疲労やハイヒールを履

記事を読む

no image

これを読めばわかる肩こりのメカニズム

重い頭を支えている。 二足歩行をしている人間は、3~4kgもある頭を細い首で、左右合わせて10kg

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
これを読めばわかる肩こりのメカニズム

重い頭を支えている。 二足歩行をしている人間は、3~4kgもある頭を

no image
立ち仕事からくる肩こり!改善ストレッチ法

日常の筋肉疲労。 立ち仕事の人の肩こりの原因は、姿勢の傾き、手仕事に

no image
肩井というツボが肩こりに効く

「肩井(けんせい)」のツボをご紹介します。 肩こりにとっても効果のあ

no image
片側だけひどい肩こりになるには理由があった

基本的には両方の肩がこる。 一般的に肩こりは両方同時に起こります。

no image
ランニング中に肩こりが起こるのはなぜ?

肩こり解消にランニングは逆効果? 肩こりを解すには血行を良くして筋肉

→もっと見る

PAGE TOP ↑