慢性の肩こりの緩和はパソコンに向かう姿勢や角度がカギだった

公開日: : 肩こり改善のお役たち情報

パソコンに向かう姿勢を見直そう。

通常パソコンに1日中向かっている人は、多くの場合、猫背状態で、腕も肘をついて頭だけ前を向いた状態で仕事をしているのを見かけます。

この状態では、首が前に出て頭を支えています。

頭は意外にずっしり重い。

頭はスイカ1個分もの重さだといわれています。

クビが前向きになったせいで、頭の重力の支点と角度ができて、首頭を支えるために首の筋肉は緊張しっぱなしです。

この姿勢では、頭を首だけでは支えきれずに首と繋がった肩の筋肉、さらに背筋までも緊張状態は広がっていきます。

そして、ふと気がついて首を回そうと首を後ろに倒しただけで、激痛が走るような状態になってしまいます。

きおつけ状態で姿勢良く立っている状態が、頭の重力の支点がそのまま首と繋がっているので、首にかける負担が最も小さい状態です。

そのため、パソコンに向かうとき、首の角度をそのような姿勢になるようにすれば、首にかかる負担が最も小さくてすむわけです。

では、パソコンへ向かう正しいとは?

まず、椅子を高くして、肘から腕が少し下がるような状態でパソコンのキーボードの位置が低いと、肩が下がった状態になります。

肩が下がった状態で首に角度がつきにくいでしょう。

また、椅子に浅く腰かけると背が丸くなりやすいので、椅子に深く腰掛け、足の裏が全面地面につく状態で座ります。

椅子を高くしたので、足が届かないならば、踏み台を置くのも良いでしょう。

足を椅子の後ろにおくと背中が丸くなり首に角度ができやすいので、足が地面と垂直になるよう座るのが姿勢を正しくするコツでもあります。

最後にキーボードを打つ時にブラインドタッチが一番お勧めですが、キーボードを見なければ打てないなら、顎を引いて目線だけ落としてキーボードを打つのをお勧めします。

関連記事

no image

肩井というツボが肩こりに効く

「肩井(けんせい)」のツボをご紹介します。 肩こりにとっても効果のあるツボ「肩井(けんせい)」をご

記事を読む

no image

片側だけひどい肩こりになるには理由があった

基本的には両方の肩がこる。 一般的に肩こりは両方同時に起こります。 しかし、片側の肩のコリだ

記事を読む

no image

ランニング中に肩こりが起こるのはなぜ?

肩こり解消にランニングは逆効果? 肩こりを解すには血行を良くして筋肉を解すために、有酸素運動が効果

記事を読む

no image

立ち仕事からくる肩こり!改善ストレッチ法

日常の筋肉疲労。 立ち仕事の人の肩こりの原因は、姿勢の傾き、手仕事による指先の疲労やハイヒールを履

記事を読む

no image

これを読めばわかる肩こりのメカニズム

重い頭を支えている。 二足歩行をしている人間は、3~4kgもある頭を細い首で、左右合わせて10kg

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
これを読めばわかる肩こりのメカニズム

重い頭を支えている。 二足歩行をしている人間は、3~4kgもある頭を

no image
立ち仕事からくる肩こり!改善ストレッチ法

日常の筋肉疲労。 立ち仕事の人の肩こりの原因は、姿勢の傾き、手仕事に

no image
肩井というツボが肩こりに効く

「肩井(けんせい)」のツボをご紹介します。 肩こりにとっても効果のあ

no image
片側だけひどい肩こりになるには理由があった

基本的には両方の肩がこる。 一般的に肩こりは両方同時に起こります。

no image
ランニング中に肩こりが起こるのはなぜ?

肩こり解消にランニングは逆効果? 肩こりを解すには血行を良くして筋肉

→もっと見る

PAGE TOP ↑